男性看護師の役割とは?

この記事は2分で読めます

男性看護師の存在は職場の人間関係を良くする?

女性だけの職場は難しい、とよく言われていますが、看護師はその代表のように思われているようです。

女性だけの職場より、その中に少数でもいいので男性の看護師が含まれていると、雰囲気がガラッと変わることがあります。男性がいるというだけで、少し遠慮する部分が出てきたり、会話が弾んだりするようです。

これからは男性看護師をいかに上手く活用するかが、病院の運営にとっても大切なポイントになっていくのではないかと思います。


男性看護師のおかれた現状

男性看護師は年々増えている傾向にありますが、まだまだ全体の10%にも満たない数です。

もともと男性看護師は精神科で勤務するために設置したという背景がありますが、今ではオペ室や救急外来などでも男性看護師が活躍しています。

しかし、病棟などにおいては、男性看護師の数は少なく、また男性看護師を病棟に配置することに対しての賛否両論もあります。男性看護師に対する意見として多いのは以下の通りです。

  • 病棟で患者さんのお世話をするのは、やはり難しい
  • 男性看護師はスキルの差が大きい
  • 男性看護師がいることで、職場の人間関係が円滑になる

男性看護師の存在に患者さんも戸惑う?

男性看護師が増え始めたのはここ数年のことなので、一般病棟で働くというイメージがなかったり、どのように接していったらいいかと戸惑うことが多いようです。これは、同僚の看護師にも言えますが、患者さんにも言えることです。

特に地域密着型の病院では、男性看護師が病棟にいるということが、一大イベントのようになってしまうこともあるようです。男性看護師の受け入れ体制を整えることは、病院のシステムや職員はもちろん、患者さんに対しても同様に受け入れ体制を整えていく必要があります。


男性看護師は社会人経験者が多い

男性看護師は、一旦社会人として別の仕事を行った上で、看護師を目指す方が比較的多いです。理由として挙げられるのは、リストラや給与カットなどにより、再出発を余儀なくしなくてはいけない人が、安定した仕事である看護師を目指すのです。

こういった男性看護師は、正直なかなか仕事に馴染めずに、場合によっては看護師を辞めてしまうこともあります。もちろん、仕事もあまりできない人が多いですね。

志をもって看護師になった男性は管理職や研究職などに就いている人も多く、男性看護師の評価をつけることは非常に難しいのが現状です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。