看護師になるための方法は?

この記事は2分で読めます

看護師になるには大学?専門学校?准看護師?

看護師になるには、3年制の看護専門学校に行くことが一般的なものでした。しかし、最近の傾向として4年制の大学を卒業して看護師になる方も増えてきています。

どちらにも良い面と悪い面がありますし、看護師となった後のことも考えて、自分に合ったコースを選択したほうがいいでしょう。

また、現在では少なくなりましたが、働きながら准看護師になるという方法もあります。

 

次のポイントに焦点を当ててみます

  • 現場は自分たちの病院のカラーにあった看護師を求めている
  • 看護協会は看護に対するより深い知識、教養を学ばせようとしている
  • 4年制の大学を卒業すると視野が広くなる

 

看護師として働く現場に合った進路の選び方

看護師として実際に働く現場によって、求められる看護師像は違ってきます。単に病院といっても様々な規模の病院があり、また役割なども異なってきます。

そういった、多種多様な病院がある中で、一様にこういった看護師がほしいというものが一致しているということはありません。大学病院や公的な病院では、研修の中でレポートの提出や座学などがあり、知識と教養のベースが高い看護師を好む傾向があります。

つまり、システム化していく中で、看護師全体の知識の水準を上げていきたいということになります。そうなると、4年制大学を卒業した看護師の方が望ましいと言えます。では、地域密着型の病院などになってくるとどうでしょうか?

知識や教養ももちろん必要ですが、最も大切なのは病院のやり方に臨機応変に対応してくれることです。簡単にいうと現場第一主義みたいな感じですね。知識や教養の中で「こうするもの」というものに捉われすぎると、地域密着型の病院ではやっていけません。

大学病院から地域密着型の病院に転職した際に、早期退職してしまうケースが多いのですが、理由の1つに「レベルが低い」と感じることがあるようです。

しかし、その病院には大学病院のようなレベルは必要ないのです。つまり、地域密着型の病院では、学歴や教養、知識よりも臨機応変な対応力の方が大切なのです。

 

看護師の知識・教養の向上に取り組んでいる看護協会

看護協会は看護師の地位向上のためにも、4年制大学を卒業することを勧めています。医療従事者の他職種が4年制大学もしくは6年制大学を卒業していることもあり、看護師も高学歴化が必要と感じているのでしょうね。

准看護師廃止に関しても、こういった観点が加わっているのだと思います。

 

看護師の他に保健師や助産師の資格も取得できる4年生大学

看護師免許を取得する際にはあまり重要視していないことが多いと思いますが、看護師として勤務している中で「あったらいいのに」と思うことがあるのが、保健師や助産師の資格です。

保健師の資格があれば、検診機関や企業保健師としての仕事に携わることができる可能性があります。看護師として産婦人科病棟で勤務をする機会があれば、助産師の資格がほしいと思う方も多いです。

免許が全てではありませんが、やはりできることに制限があります。いろんな方向性を考える期間として4年制大学に行くというのも選択肢としてありだと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。