看護師の給料は本当に高いの?

この記事は2分で読めます

看護師の給料は高いの?安いの?

一般の方が看護師の求人を見ると、給料の高い職種という認識をするのではないかと思います。しかし、私は看護師の給料は決して高いとは思っていません。理由は以下の点が挙げられます。

  • 看護師は残業代がつきにくく、時給計算すると案外安い
  • 看護師は人の命に関わる仕事をしていますので、常にリスクを抱えて仕事をしている
  • 精神疾患を患ってしまう看護師も多い、それだけ過酷な仕事をしている

つまり看護師の給料は、仕事の内容のわりに安いと言えるのではないでしょうか。

 

看護師の給料は残業代が付きにくい

看護師の残業代は勤務先が認めないと付かない場合が多いのです。言葉だけを見ると当たり前のことですが、勤務先が認める残業とはどういったものでしょうか?

例えば急患が勤務終了時間の少し前にあって、対応をしていると1時間残業が発生したなどがそれにあたります。つまり、予測できない状況になった場合ということです。

しかし、現在の看護師不足の状況では、予測できない状況がなくても、勤務時間内に仕事が終わらないケースも多々あります。

それは医療機関側の体制や採用活動に問題があるとも言えますが、勤務時間内に終えて当然ということで残業代がつかないところもあるのです。すると、時給計算すると、1,000円を切ることもあり、決して高いとは言えません。

 

看護師の給料は、仕事内容に見合っているでしょうか?

看護師の仕事は、人の生死に立ち会ったり、医療ミス、もしくはそれに近い場面に遭遇することもあります。その時の精神的な負担は相当なものがあります。医者の給料が高いのはそれだけ責任の重い仕事をしているためです。

確かに看護師さんは、直接的にオペを行ったりするわけではありませんが、介助をしたり患者さんのアフターケアを行っています。その重みの対価としての給与と考えると、安いのではないかと思います。

 

看護師は精神疾患になる可能性も高い仕事

看護師の仕事は、残業代が付かなかったり、命を扱うという重い責任が伴う仕事です。体力的にも精神的にもきつい仕事ということで、精神疾患を患う看護師さんも多くいます。

精神疾患を患うと、何年も仕事を制限したり、私生活にも影響する可能性があります。現在の看護師さんの働く環境を考えると、現在の看護師の給料は、決してわりに合った給料ではないと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。