看護師の退職理由

この記事は2分で読めます

看護師の退職理由

看護師の退職理由はいろいろと言われていますが、実際には一般企業と大きく異なるわけではありません。

若干異なる点は、ほとんどの就職先が医療機関ということで、比較がしやすい環境であることと、女性が多いため女性特有の事情により退職するケースが多いという2点です。

その中で退職理由として多いのは次のようなものです。

  • 教育・研修体制が整っていない
  • 横の繋がりが多く、情報がたくさん入ってくる
  • 女性の職場には定着しにくい事情が多く含んでいる

 

教育・研修体制が整っているとアピールしている病院が多い

教育・研修体制が整っています、という謳い文句で、新卒の看護師の受け入れを行っている病院は多く見られます。ここで問題となるのが、整った教育・研修体制があるということは、一から十まで全て優しく教えてもらえる、と思ってしまうことです。

病院で問題となっていることに1つに、教育・研修体制はしっかりしたものがあるが、きちんと稼動しているかどうかということがあります。いくら良い教育プログラムがあったとしても、看護師不足の中で実際の業務に追われている病院では、教育プログラム通りに教育を進めていくことができません。

看護師としての経験が多ければ、現場の状況を踏まえて仕方ないと割り切ることもできますが、新卒であればなかなかそのように思えません。ギャップをどのように埋めていくのかということが大切ですね。

 

看護師の情報網は主婦の井戸端会議よりすごい

護師は勤務先の病院に対する不満があると、いろんな人の話を聞きたくなります。学生の時の同級生や以前の職場の同僚など、看護師のネットワークはかなりの広さがあります。

なので、いろんな情報を得ることができますし、自分自身が転職した方がいいのかどうなのかも客観的に判断できる環境があります。しかし、情報が多すぎるため、どの情報が正しいのかを見極めることが重要になります。

うそを言っているということではありませんが、いつの情報なのかが重要です。1年でも病院の内情が大きく変わることがありますので、注意が必要です。

 

看護師の職場は本当に人間関係が難しいの?

看護師の退職理由としては、人間関係の問題というより、結婚や出産、育児や旦那さんの転勤などによる致し方ないケースが多いです。もちろん、人間関係によって退職するケースもありますが、実は人間関係だけでの退職と言うのは以外と少ないのです。

給与面やお休み、仕事内容などと合わせて人間関係のことを考えるのが一般的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。