看護師の転職は人材紹介が有利?

この記事は2分で読めます

看護師の転職に人材紹介会社は有利でしょうか?

看護師の転職活動には、自力でホームページや求人広告から応募する場合と、人材紹介会社を利用する場合がありますが、どちらの方が転職活動がスムーズにいくのか気になりますよね。

看護師の転職活動において需要な点は以下のとおりです。

  • 自分の希望に合った求人に応募できる確率の高さ
  • 入職後のミスマッチを防ぎたい
  • 応募した場合の合格しやすさ

上記の点において自力での応募と人材紹介会社を利用した場合とを比較しました。

 

希望どおりの就職先を探すには

人材紹介会社は過去に紹介実績があることなどで、、実際にどういった医療機関なのか内情を把握しているケースも多くあります。また、看護師さんとも数多く面談をしているため、勤務していた病院の内情を聞いています。つまり、生の情報を数多く持っている可能性が高いといえます。

反面、看護師が自力で応募した際に、事前に得ることができる情報は限られています。知り合いの看護師からの評判や面接時の面接官からの話などがほとんどだと思います。

面接官からの話は基本的に採用したいと思っていれば、希望に合っていそうな話をしてきますので、正直鵜呑みにできません。

 

就職後のミスマッチを防ぐには

病院の診療報酬には看護師の数が影響するため、事務や経営に携わる人間は、とにかく誰でもいいから看護師免許を持っている人が必要という考えになりがちです。

しかし、看護師を人材紹介会社を通して採用した場合、早期退職されることはなんとしても避けたいと採用する側は考えます。それは、人材紹介会社に支払った紹介料が無駄になってしまうからです。

そこで、安易な採用は控えるので合格ラインは上がってしまいますが、就職後に自分が希望していた条件と違うというケースも少なくなるのです。

 

看護師不足と言われているのに採用されないケース

看護師は慢性的に不足しており、病院側は少々条件が合わない看護師でも採用する傾向があります。病院の面接を受けて不合格になるケースは、人材紹介会社を利用したケースの方が多いと言えます。

その訳は人材紹介会社を通して採用した場合に、病院は紹介料を人材紹介会社に支払うという仕組みになっているためです。つまり、看護師としての採用されやすさだけを考えれば、人材紹介会社を通さない方が良いということになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。