子育て中の看護師が転職を考えるときのアドバイス

この記事は1分で読めます

子育て中の看護師が転職を考えるときのポイント

  • 自宅から近い場所に在る職場を選択する。
  • 残業や時間外勤務がない職場を選択する。
  • 日曜日出番がほとんどない職場を選択する。
  • 夜勤は無いか、または夜勤回数の希望を聞いてくれる職場を選択する。
  • 家庭に緊急な事がある場合には、休みを遠慮しないでもらう事が出来る職場。
  • 働くお母さん看護師をサポートする方針である職場を選択する。

 

自宅と職場が近いと、仕事と家庭の両立ができやすい

子育て中の母親の看護師は、やはり自宅や保育所に近いところの職場が魅力的です。保育所への子供の送迎や、通勤のことを考えると自宅近辺に職場があることは理想的です。子供のことを気にせずに働くことが出来るので、仕事を継続することも可能になります。

家庭と職場の両立ができやすくなります。職場と保育所間の距離が近いと、子供の緊急時には勤務途中であっても帰宅しやすいです。

 

安心な環境で働き子供を保育所へ迎えに行く

子供の体に急変が起きたとしても、職場が保育所の近くにあると便利です。すぐに子供のそばに駆けつけることができます。小さな子供を持っていると、急に発熱することがあります。保育所の子どもたちから、病原菌をもらうこともよくあるのです。

子育てしながら働く看護師は、環境の整った子育てする母親を支援する病院に勤務したいものです。4時間保育の整った職場もあるのです。安心して夜勤や日曜日勤務が出来る環境なのです。

 

日曜日は子供と過ごしたい

いつもは子供を保育所に預けて働いている看護師です。日曜日くらいは、子供とともに過ごしたいと考えるのが普通です。職場によっては、小さな子供のいる看護師は日曜出勤を免除するところもあります。

働くお母さん看護師を支援している職場で働くと、勤務に対しても優遇されることがあります。日曜日勤務や夜勤をしなくても、常勤扱いの職場はあります。子供の小さな時期は、そんな方針をとっている職場を探して勤務したいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。