ブランクのある看護師が転職について考える時の注意点

この記事は2分で読めます

ブランクのある看護師の転職の選び方のポイント

  • 看護技術の善し悪しが目立たない職場を探す。
  • 特に医療や看護の進んだ職場を選択しない。
  • しっかり指導、教育してくれる職場を選択する。
  • あまり忙しくない職場を選択する。
  • 病院ばかりではなく、福祉施設などにも目を向ける。
  • 最初から夜勤時など、一人で責任を負う勤務体制ではない職場を選ぶ。
  • ブランクのある看護師をサポートすることを、病院の方針にしている職場を選ぶ。

 

ブランクのある看護師/指導・教育の支援

ブランクのある看護師が仕事を始めようと決断するときには、相当の勇気が必要です。 勇気を持って新たな人生にチャレンジしようとする看護師に対して、応援してくれる医療機関があると心強いです。

病院の方針に、ブランクのある看護師を支援することを挙げているところもあります。病棟ではブランクのある看護師に対して、しっかり指導してくれます。

休んでいる間に、医療も看護も進歩しているのです。
看護に対して自信をなくしている看護師も多いのです。

国や県がブランクのある看護師に対して再就職しやすいように研修などを用意していることもあります。ブランクがあっても就職したいと考える看護師は、ネットなどで研修内容などを調べてみると良いです。

研修や講習を受けて、自信を持ってから再就職することもできるのです。

 

看護技術に自信をつける

進んだ医療器具や、医療に対して自身が持てない時には、福祉施設などでの看護を希望することもできます。進んだ看護技術や看護に対しては、地域によっては希望により研修や講習を受けることができます。

福祉施設などでの看護を経て病院などへの勤務に変えていくことも良い考えかもしれません。看護技術面でも徐々に慣れていくと自信もついてきます。

 

最先端医療の職場は避ける

大きな病院など、最先端医療を行なっている職場の選択は適していません。看護に対して、かえって自信をなくしてしまうことは結構あります。ある程度の経験を経て、看護に対する自信を持ってから挑戦してみると良いです。

 

忙しくない職場が良い

はじめから忙しい職場は、返って自信を失うことになる可能性があり、適していません。福祉施設で働くことで、病院ほど医療に関した仕事が無くすんなり看護の仕事に復帰しやすいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。