家族を介護するために転職を考える時の注意点

この記事は1分で読めます

家族の介護での転職の選び方のポイント

  • 家庭の事情と勤務希望についてを看護師長に相談する。
  • 働く事が出来る範囲の夜勤回数の希望を出す。
  • 働く事が出来る日曜日の出勤回数を伝えて看護師長の了解を得る。
  • 転職時は、自宅に近い職場を選択する。
  • 夜勤や日曜出勤の無い職場を探す。
  • 急な休みの希望を許可し了解してくれる職場を探す。

 

家庭の事情

看護師たちにはそれぞれに転職を考える理由があります。家庭の事情がみな異なるのです。両親が病気になり、その看護の為に仕事を続ける事が難しい状況になる看護師もいます。自分の両親である場合も、夫の両親である場合もあります。

2人同時に病気になり、介護が必要になる時も、順番に介護が必要になる時もあります。夫と自分のどちらかが職場を辞めて、両親の介護をしなければならない時には、殆どの場合妻の方が退職をします。

看護師であるという事もありますが、一般に女性である妻が家庭を守らなければならないという風習なのです。

 

介護と仕事の両立をするには

看護師として働きながら、親の介護をする事は出来ます。働く環境を調整して、仕事と介護の両立をしている看護師もいます。

その為には、自宅に近い職場に転職しなければならなくなる時があります。病院の仕事が終わってすぐに、両親の介護が出来るように往復の距離をちじめる事を考えるのです。

夜勤や休日出勤についても考慮してもらう事が出来る職場は理想的です。

 

夜勤や日曜出勤の免除

職場によっては介護と仕事を両立する看護師の支援をしている職場もあります。スタッフ皆の協力や、職場の理解があってこそできる適切な対応なのです。

夜勤や残業などをしていたのでは、家族の介護どころではなくなります。就職前に、情報を収集しておき、働きやすい職場である事を確かめておかなくてはなりません。

 

働きやすい職場

介護と仕事の両立を考える時、休みなどの希望を受け入れてもらえる職場である事は大事です。あまり忙しくない職場である事や、時間外勤務をしなくても良い職場であることも必要です。

自宅と職場が近い距離にあることも、介護と仕事の両立をする時には必要な条件です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。