人間関係に疲れて看護師の転職を考える時の注意点

この記事は2分で読めます

人間関係での転職の選び方のポイント

  • 病棟の人間関係についての悩みは看護師長に相談する。
  • 看護師長との人間関係についての悩みは総看護師長に相談する。
  • とりあえずプラス思考をしてみる。
  • 転職時は、就職先の人間関係や病棟の雰囲気について調べてから就職を決める。
  • 年齢層も自分と似通った年齢層の看護師の多い職場を探す。
  • 退職後は少し休暇をとり、精神的苦痛が和らいでから再就職する。

 

職場の人間関係で悩んだ時は

職場にはいろいろな性格の女性たちがいます。女性ばかりなので、遠慮がいりません。言いたい放題という感じがする職場は多いです。患者さんと看護師間の人間関係は信頼関係にもつながります。

看護師間の人間関係は同じ仕事をしていながら複雑になる事があります。スタッフ間の人間関係について悩んだ時には、看護師長に相談に乗ってもらう事が最適です。

 

人間関係と働く意欲

職場の人間関係が悪化すると、働く意欲も半減する事があります。朝起きても仕事に行く事を億劫に感じることがあります。人間関係のせいで精神的に疲れてくると退職する事を考えるのです。

働く事も何もかも面倒臭くなるということにもなります。人間関係が良好であると、仕事に行く事さえ楽しみになるのですから不思議です。

 

年齢層の近い職場選びも良い

職場に同じ年代の看護師がいると、ただそれだけで身近に感じて、気持ちが分かりあえる事があります。年齢層が離れていると、欠点ばかりが見えてかばい合うことも少なくなるようです。

職場選びをする時には、同じ年代の看護師が多い職場を選択すると良いです。環境が似ている事で、お互いに理解しやすいのです。

 

看護師長で病棟の雰囲気が変わる

病棟の看護師長の性格により病棟全体の雰囲気は異なってきます。スタッフの批判ばかりしている看護師長のもとで働く看護師たちは、自然と人の悪いところばかりが見えてしまうのです。

スタッフはだいたい看護師長と同じような考え方や同じような行動をしている事が多いのです。新しい職場を探す時には、病棟の雰囲気や看護師長の性格などの情報も事前に知っておくと都合がよいです。

 

人間関係による精神的疲労

職場の人間関係につかれて、仕事に行く事ができなくなってしまったり、うつ病になる看護師もいます。精神的ストレスが、身体症状になって表れるのです。胃潰瘍になったり頭痛持ちの看護師は、だいたい人間関係についてストレスを抱えている事が多いのです。

そんな時には長期の休暇をとることも必要です。精神的疲労を回復する事は、その後の人生にも大きく影響してきます。

 

新しい職場へ転職

職場の人間関係についての悩みがどうしても解決しない時には、転職を考えます。新しい職場で又人間関係を初めから構築しなければなりません。

でも人間関係による精神的ストレスを抱えて生活するよりも正しい選択かもしれません。人間関係をリセットして人生をやり直す事が出来ます。

看護師求人サイトに登録を

看護師求人転職支援サイトでは、条件にかなう職場の紹介をしてくれます。就職する前に、職場の人間関係についての情報を得ることもできます。

看護師求人転職支援サイトに登録するだけで良いのです。無料で転職の細かな情報を提供してくれるので助かります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。