脳外科の看護師求人は見るべきポイントが多い?

この記事は2分で読めます

脳外科の看護師求人は見るべきポイントが多い?

脳神経外科の看護師求人は、見るべきポイントが多くあります。というのも、脳神経外科という科目は、急性期の診療科目の中で過酷な労働環境になる可能性が高いからです。

特に大学病院や公的な病院での脳神経外科病棟では、重症な患者様の緊急入院などが多いため、残業や休日出勤が多くなりがちです。そういった環境の中で長く勤務できる職場を探すためには、以下の点をしっかりと把握しておくことが大切です。

脳外科のチェックポイント

  • 労働環境と給与のバランスはどうか
  • 自分自身が希望している内容の脳神経外科はどういった規模の病院か
  • スキルアップの環境は整っているかどうか

脳神経外科はいろんな面で、自分自身が納得して仕事ができる環境かどうかが大切です。そして、自分自身の能力や特性に一致しているところで勤務することも大切です。その点を含めてお話したいと思います。

 

残業が多くて休日が少ない、それでも納得して仕事を続けるためには

脳神経外科の看護師求人を眺めるだけでは、あまり特徴は伝わってきません。それは、看護師求人の中には、残業が月どれくらいであるとか、休日出勤がどうなっているかは書かれていないことが多いためです。

そして、給与を見ると他の診療科目の看護師求人と比べると高めになっていることが多いです。こういったことから、脳神経外科の求人が条件的に良い求人だと思われがちです。しかし、実際には残業も多いですし休日出勤なども多くなっている傾向があります。

よって、給与が高めだからといって飛びつくのではなく、残業や休日出勤、有給の消化率などを確認し、給与と照らし合わせて検討することが大切です。納得できるバランスであれば問題ないでしょう。

どういった内容の脳神経外科が自分に合っているかを考える

脳神経外科は幅広い病院で標榜されている診療科目です。しかし、内容は病院の規模や役割によって大きく異なってきます。例えば、大学病院や公的な病院では、緊急性の高い3次救急なども運ばれてきます。

それが民間の総合病院になると、対応できる範囲が変わってきますし、地域の小規模な病院になってくると、検査入院程度ということにもなります。

こういった病院の規模による脳神経外科の内容の違いを把握し、自分自身に向いているところで勤務することが大切です。向いていないところや自分の希望しないところで勤務してしまうと、早期で退職することにも繋がります。

スキルアップを支援してくれる病院かどうかも大切

脳神経外科を希望する看護師は、スキルアップを強く希望している方も多いです。管理職や専門、認定看護師などを目指す方もいます。そういった看護師に対して、バックアップ体制がしっかりとしている病院かどうか、ということも大切です。

長期的な研修が必要なもののありますので、病院のバックアップがより重要性を増すことになるのです。また、スキルアップ後のポジションがあるかどうかも大切なことです。そういった計画性を持った病院を選択することで、自分自身のスキルを活かすことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。